わが子の笑顔をみんなでシェア♥データがお得に手に入る水戸の写真館 » 子供写真館で撮る代表的な記念写真 » お宮参り

お宮参り

子ども写真館などでお宮参りの記念撮影を検討中の方に、撮影日やスムーズに撮影をするためのポイントについてまとめました。

お宮参りの写真撮影について

おすすめの日程や場所

出張撮影をお願いできるフォトスタジオであれば、お宮参りと同時に写真撮影も神社で済ませることもできます。ただし、天候や神社によっては撮影が制限される場合もあるので、スタジオと神社にそれぞれ確認が必要です。

フォトスタジオ内で撮影する場合、タイミングは大きく分けて前撮り、お宮参り当日、後撮りという3パターンがあります。いずれにしても、主役となる生後30日前後の赤ちゃんは睡眠や授乳のリズムが整っていないため、長時間の外出にならないようスケジュールを立てることが大切です。

また、前撮りや後撮りだと料金がお得になる場合もありますのでスタジオに問い合わせてみましょう。

撮影を乗り切るコツ

大切な記念写真ですので、可能な限り赤ちゃんがご機嫌なうちに撮影できると嬉しいですよね。

そのためにも、撮影当日のタイムスケジュールはしっかり練りましょう。

特に授乳については撮影の30分~1時間前に済ませておくのがおすすめです。

また、その際に満腹の手前の状態にしてあげられると、撮影の時には眠くなくかつご機嫌になってくれる可能性が高くなります。

お宮参りとは

お宮参りとは、土地の守り主「産土神(うぶすなかみ)」に子供が生まれたことを報告すると共に、健やかな成長と加護を祈る大切な行事です。

地域によって「初宮詣(はつみやもうで)」「初宮参り」「産土参り(うぶすなまいり)」とも呼ばれ、やり方や時期も異なりますが、一般的には生後30日から33日目が選ばれ、特に男の子は31、32日目、女の子は32、33日目に多く行われています。

多くの家族にとって、子どもが生まれてから最初のイベントとなるお宮参り。素敵な記憶と記録として残せるよう、しっかりと準備をして臨みましょう。

お宮参りに行く時期や場所について

お宮参りは一般的には生後30日から33日目が選ばれ、特に男の子は31、32日目、女の子は32、33日目に多く行われています。

しかし、厳密にこの日程にこだわる必要はありません

気候やお母さんと赤ちゃんの体調など、家族の状況を優先して日程を組みましょう。

特に体調に関しては、1ヶ月検診後を受けてからが母子ともに安心です。

また、お参りするのはどこの神社でも問題ありません。

子供が生まれた地域、両親の生まれた地域など好きな神社を選びましょう。

お宮参り当日の服装について

服装については、赤ちゃんは和装・洋装どちらでも問題はなく、どちらかというと、和装の方が多い傾向にあります。

和装の場合は、白羽二重の上から紋付の祝い着(男の子は熨斗目模様、女の子は友禅模様)を重ねるのが定番のスタイルです。

祝い着は後々の七五三で着られることも考えて購入するのもいいですし、レンタルでそろえても大丈夫です。

両親・祖父母などの家族は華美にならないよう、ダークスーツやワンピースなどフォーマルなスタイルで臨みましょう。

お参りの形式、初穂料について

お宮参りは、家族でお祝いの参拝をするだけでも十分ですし、作法のもと神社で祝詞を上げてもらうお参りの仕方もあります。

神社で祝詞を上げてもらう場合は、初穂料を用意します。

初穂料の相場は5,000円~10,000円程度とされていますが、神社によっては金額を定めている場合もあります。

祝詞を上げてもらう場合には、予約が必要かどうか確認するとともに初穂料についても神社に問い合わせましょう。

可愛い写真を全部買い! 画像100枚がお得に手に入る写真館3選
スタジオPIC
費用39,800円
基本撮影プラン
インスタフォロワー数683人
2019年6月18日現在
スタジオCocoa
費用49,000円
全カットデータプラン
インスタフォロワー数607人
2019年6月18日現在
創寫館(水戸)
費用40,000円
データプラン
インスタフォロワー数20人
2019年6月18日現在
               子供の写真        

水戸の子ども写真館の中から、データ100カット前後が基本プランに含まれている店舗をピックアップ!インスタフォロワー数の多い順にご紹介します。

水戸のおすすめ
写真館をみる!